2018年4月 1日 (日)

誕生日

 3月28日は近藤の83歳の誕生日です。前日から親友の安積遊歩が来ていて、当日は我が家の設計さん吉田紗栄子さんご夫妻も見えて、合同お誕生会になりました。
 高知の郷土料理皿鉢(さわち)料理の仕出しを取り、刺身とカツオのたたき、ナスのたたき、ワラビの煮つけ、タケノコなど地野菜、そしてたらこスパゲッティでした。
皿鉢は大皿に、サバの姿すし、昆布巻き寿司卵巻き、海苔巻き、お稲荷さんのほか何種類かのおかずを一皿に盛った豪快料理ともいうべきものです。
 
Photo_4
 
ひとしきり飲んで食べて、おしゃべりしてすぐ時間がたち、紗栄子さんたちが近くのホテルに帰って少ししたら日付が変わっていました。
 
紗栄子さんも誕生日が同じで、これまでも一緒に過ごすことが多かったのですが、お連れ合いまでいらしての誕生会でした。
 
Photo_3
Photo_5
 
翌日はつつじ祭りの準備が進んでいる池まで散歩しました。
 
Photo_6田植えの準備が進んでいました。
 
Photo_8
 
すでに田植えが終わっている田んぼも。3月に田植えをする地域なんですね。今年の春は寒かったのに。
 
Photo_9
 
バックの桜も満開です。Photo_10
村田さんが迎えに来てくれて、遊歩が帰っていきました。来たときは、尾道の小林さん、村田さんに送られてきて、
Photo_11
 
ピアカンのセッションをしたり、楽しい時間でした。このところ帯状発疹が出たり、体調が思わしくなかったのでPhoto_12、ベッドで休むこともありましたが  、自然体で過ごすことができました。
 パソコンを新しくしてから、ブログの写真がうまくアップできずに、ストレスフルで遠ざかっていましたが、果敢にアタックして、何とかできるようになったかもです。
誰か身近にパソコンをサポートしてくれる人が欲しいと思いつつ、ブログ続けてみます。たくさんのことに感謝しつつ。
 
 

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

少し寒さが和らぎました

高知にしては寒い日が続いています。メダカの鉢の氷も厚く、一日中溶けない日も。
 
Photo水草も寒さで色が変わり、水滴がころころとして決勝が見えそうです。氷の模様は風の足跡?かなと思ったり、楽しんでます。
メダカは先日、元気で二匹泳いでいるのは確認できているので、春まで元気でいてほしいと願っています。
 
 
 
お正月花を片付けようとしたら、こぶしのつぼみが今開かんの状態になっていて、ほっくりし
ました。
Photo_2
 
いただいたとき、「これは雪柳?」と聞いたのですが、「きっとこぶしだよ」と言われ 、私には見分けがつきませんでした。あれから二十日が過ぎ、はっきりこぶしの花びらが出てきました。二つ、三つと開いてくれそうです。
Photo_4
 
そして庭を見ると、梅のつぼみが赤く膨らんで、春を迎えようとしています。自分の与えられた場でしっかり生きぬくということを私に伝えてくれているように感じました。ありがとう。

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

昨年末のことですが

昨年末に、NHKの方から7月の取材の記事がアップされたとの連絡をいただきました。
http://www.nhk.or.jp/parasports-blog/100/287238.htmlです。「スポーツが人生を変えた ~1964→現在へ あるパラリンピアンの半生~」全5ページで、ここ数年来、パラリンピアンとして、たくさんの取材を受けてきましたが、これで集大成だろうと思います。ご覧になってください。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

新年おめでとうございます

新年をどのようにお迎えでしょうか?
今年もよろしくお願いします。Photo_8 
2018_5
 
 昨年末に、パソコンがダウンして、慌てて買い替えたものの、なかなか慣れなくて、ブログも書けない状態でいました。写真の向きが思うようにならなかったり、苦戦しましたが、何とか新年の準備をして、2日、3日と高松からお客さんが見え楽しく過ごしました。
 
Photo_9
 
JIL (全国自立生活センター協議会)をリタイアして香川に帰った西尾さんが、ダスキン愛の輪運動基金の研修生のパキスタンのアナムさんと一緒に遊びに来てくれました。
海のない地域で育ったアナムさんに私の大好きな海を見せようと、久しぶりに近藤さん運転で室戸までドライブをしました。
4
 
 室戸ドルフィンセンターに行ってイルカにタッチしたり、とても寒い日でしたが楽しく過ごして きました。 明日には、東京へ、高松へと帰っていきます。
 
Photo_11
 
 新春の海は荒れていますが、今年の二人の生活は、???
お互いの体の声を聴きながら、ゆったりと生活しながら楽しいことを見つけていきたいと思っています。今年もよろしくお願いします。穏やかな日々に感謝しながら、シニアライフを。
 

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

約一年ぶりの上京・町田行き

座席の窓から撮影した富士山、トップに雲がかかっています。

Photo_3

一年ぶりの上京で、初めて機内で酸素を使用しました。キャリーが足元の荷物置き場に収まらず、座席に置いてベルト固定をしましたが、帰りはキャリーからはずし、ボンベのみにして、足元へ置いてきました。Photo_4今回の上京は、私が町田ヒューマンネットワークの理事会に参加することが目的だったのですが、老老介護の日常生活の私たち二人、切り離すことが難しいので、、、、だったのですが「僕一緒に行くよ」とのことで、決まった町田行きです。

せっかく懐かしい町田に行くのに、おまけの近藤さんではもったいないと勝手に考え、町田ヒューマンネットワークに「障害のある会員さんたちと話し合ったりする時間を作ってくれない?」と売りこみをして、近藤さん講演会を企画してくれました。

冷たい雨の降る夜というあまり出かけたくないような当日でしたが、懐かしい顔がたくさん参加してくれて、ホントに嬉しく、町田で過ごした35年の歴史は、大きな宝物だと実感しました。

1


市の職員として、全国に先駆け“福祉環境整備要綱”を作り、バリアフリー街づくりの基礎を築いた時期のこと、必要と思うことはどんどん制度化していくわがままケースワーカー?時代の話など、今の町田ができた一端を話してくれました。

退職後は、町田ヒュ-マンネットワークで障害当事者として働き、障害者計画策定委員会の中で“生命の価値に優劣はない“という言葉を計画の中心理念に明文化し、現在に引き継がれていることなど熱く語りました。障害者計画と言いながら、障害者の姿が浮かばない委員会にあっと驚くアイデア、重度心身障害の咲ちゃんに会議室にいてもらって、その言葉を導き出したということを、初めて知りました。

2咲ちゃんはその後、自立生活をしてヘルパーさんと暮らし、10数年たっていて、久しぶりに会いました。

自分のことを話している近藤さんにしっかり視線を当て、うん、うんといった相槌を発し、会場のみんなにパワーを感じさせてくれました。

私の知っている咲ちゃんは自分の世界で、気持ちよくぬくぬくと生きているという感じでしたが、すっかりパワフルな素敵な女性になっていました。

「私は、咲ちゃん神ってる」と感じました。咲ちゃんは町田ヒューマンを守ってくれると、なぜか直感しました。

また、咲ちゃんの生活を支えることができる、ケアスタッフの質の高さに、MHN(町田ヒューマンネットワーク)をリスペクトします。

3


講演の後、10時閉館間際まで交流茶話会で、いろんな人と話ができました。本当に懐かしく、町田には大きな足跡が残っていて、心の故郷になっていました。4_2





いただいた花をホテルの部屋に飾りました。

Photo


町田で購入してきたジャケット、極寒の地に行くのかな?お気に入りです。

体力が維持できるかどうか、寒空での移動など、不安がありましたが、元気に楽しく過ごすことができました。そして、来てくださった方々からたくさんのパワーをいただき、みんなに感謝です。ありがとう!近藤さん、ありがとう。また、一緒に遠出しましょうね。すべてに感謝です。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

寒くなってきました

晩秋というのでしょうか?朝が起きづらくなってきました。風邪も引かず、元気に過ごしています。散歩で歩く道も実り・収穫の秋となっています。Photo

たわわに実をつけています。Photo_2


Photo_3

途中でいただいてきた立派な柿とゆずです。家の中にゆずの香りがふわっとして幸せな気分に。でも、散歩中はこんな影を作りながら怪しげな二人です。

Photo_4

車いすにぶら下げている酸素のボンベからのチューブは見えませんね。道中ですれ違う人たちとのちょっとした一言二言で、すーっと疲れが取れることもあり、コミュニケーションの大切さを感じます。

元気になって、高知大学の福祉学部の学生さん対象に授業の依頼があり、行ってきました。帰りには近くの牧野植物園でランチをして散策してきました。Photo_5


2


こんな日常が帰ってきて、よかったと思っていたら、夕飯時に夫の前歯が折れてしまい、びっくり。翌日私が生まれ育った家の隣の歯科に行って、何とか1週間で仮歯を作ってくれることに。良かったです。

29日から町田に行って、30日には町田で、近藤さんの講演会を企画してくれているので、前歯がないと話しにくいだろうと心配してました。歯医者嫌いの近藤さんも、全幅の信頼を寄せて、お任せできるのも安心です。

12_2


車いすのまま治療ができるバリアフリーグッズまで準備してくださっていて、痛みも全然なく治療してくださるので、今後の歯のメンテナンスが充実して、ますます元気に暮らせそうです。明日仮歯をつけてもらって、あさっては町田へGOです。ドキドキわくわくで、準備をしています。こんな生活を与えてくれたすべての事象に感謝です。


| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

秋が過ぎていきます

あっという間に一カ月が過ぎています。9月30日に共同通信の記事が全国の地方紙で取り上げられました。高知新聞は地元なので大きく出ました。ただし夕刊だったので、友達からの電話で知りました。930_2
そして今日の朝刊の投稿欄に、1030_3




 読んで、カッコイイ!と手前みそながら思ったのでした。同じ声ひろば欄に、リオパラで銅メダルをとった車いすラグビーの池キャプテンに関する投稿もあり、時はつながっていると熱いものを感じました。

 東京パラリンピック誘致に精魂傾けた別府の(故)中村裕Drの功績をたどる研究者からのインタビューが入ったり、近藤さんのパラリンピックはまだまだ続きそうです。

 10月はけむに巻かれたような総選挙が入り、この国の未来は大丈夫なのだろうかと不安を感じました。

 しばらくは寝た切りが続くのかと思われましたが、徐々に復活し、ほぼ入院前の状態に近づいています。日々の散歩も行けるようになりました。一日一日と秋が深まっていきます。

  • Photo_3一個だけの柿の木とたわわになった柿の木。2017_2

どんどん色づいて来たゆず、もうすぐ収穫の日が来ます。Photo_4

  • Photo_7
  •  
  •  
  • ゆずの畑は鳥たちのねぐららしく、夕方には大声でおしゃべりしています。道中の自然の変化、すれ違う人たちと交わす言葉、出会うお散歩仲間のワンちゃんたち、ゆったり時間が流れます。


    ランちゃんはお母さんのバイクで人気のないところに行って、思い切り走ってくるのだそうです。Photo_11

そして、私たちが帰るころには、お立ち台で出迎えてくれます。Photo_12

Photo_13

                                                        山から採ってきてくれたつるものや草花を玄関に活けて、楽しんだり、こんな日常が帰ってきたことに感謝です。


この日々を大切に暮らしていきます。ありがとう!

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

お彼岸の一日

今日は秋分の日、朝からせっせとおはぎを作りました。ちょっと炊飯に失敗しましたが、いつも歓待してくれる所に配って、お墓にも。

いろんなものをお供えしているときに、姉が急に「導夫がおはぎにかぶりついた!」と大声で言い、その情景が浮かんで大笑いしました。2017

今年の夏は、水が少なく、厳しい暑さの中、彼岸花がきっちり顔を出して季節を伝えてくれ

ます。

Photo

Photo_2




これは町田のアートのお店で買って随分になりますが、時々万華鏡をのぞいています。Photo_4

私の宝物の一つです。 

このところ、夕方、散歩に出られるようになって、長らく会えなかった人が心配してくれていたのを知り、自然との出会いだけでなく、散歩では多くの出会いをもらっています。自然は夏から秋へと着実にシフトしています。

Photo_5

手前は取り残されているスイカ、カボチャもいくつか残されています。

2017_2
たわわに、色づき始めた柿、うちの柿は台風の風で、ほとんど落ちてしまいましたがなんとも立派です。散歩の後、夕食を準備して、後片付けの後、作り置きおかずの調理をしたりして9時ころ寝室に入るようなペースで生活しています。途中ベッドで横になって、休み休みです。家の中で10メートルの酸素のホ―スを引きづりながらの生活です。

  

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

やっと日常がⅡ

 4月末に夫が圧迫骨折で入院、7月初めに退院、以後寝たきり状態で、どこまで回復できるか心配でした。長年看護士として働いていた義妹に介護のヘルプをお願いし40日ほど一緒に暮らしてもらいながら介護の方法を教えてもらいました。

 それから約一カ月になりますが、互いに工夫しながら、少しづつベッドから離れ、ほぼ以前のようになったかなというところまで立ち戻りました。姉、義姉、義妹などみんなに助けられて、元の生活を取り戻せそうというところに来ました。

0_2Photo


事務所の久しぶりの例会で、参加者の皆さんからお祝いしてもらいました。祝元気!の特注チーズケーキもおいしかったです。

やっといろんなものに目が届くようになってみると、雨の無い熱い日々で、メダカがすっかりいなくなっていました。4月に、いただいてきたメダカは我が家の悪条件に耐えられなかったようで、気の毒な事をしました。

水を変えて、違う鉢にいたこを二匹入れて、古くからいる黒メダカと三匹で新たに暮らしています。Photo_2

この後大雨が降り、鉢の水も満たされ、優雅に泳いでいます。玄関の郵便受け下の花壇では、ハイビスカスが咲いています。もうすぐ、彼岸花が咲く時期ですが。

Photo_3Photo_4


2玄関やリビングにはいただいた野草が愛らしく、咲いています。家の中にお花がたくさんあると、自然に笑顔になります。

Photo_6

Photo_8

52年前の東京パラリンピックの取材でここ何年か、相当の数の取材がありました。今月、順天堂大学の渡さんが取材に来られました。研究者の方の取材は初めてで、どんな形で記録が残されるのか、楽しみです。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

日常が帰ってきました

今日は朝から庭師が三人で入ってくれて我が家の庭の手入れをしてくれています。そこで切り落とされた枝を「お部屋で飾りませんか?」とくれました。Photo

下駄箱の上に一輪ざしで、ノウゼンカズラです。切り落とされた枝にも愛情いっぱいの親方勝ちゃんです。玄関のそばのブルーベリーが多なりです。Photo_2

Photo_3


もうすぐだなと思っていても、ついうっかりしている間に、鳥が食べてしまうのですが、今回はしっかり収穫できました。まだまだ楽しめそうです。

これは、地場産で買った小玉スイカ、かわいかったので、食べる前に撮影です。

Photo_5

こちらは日照りが多く、とても甘くて、なんと300円、ラッキーでした。

まあ、こんな楽しいブログをかけるような生活が帰ってきて、よかったです。夫が退院して、生活に慣れるのに、ちょっと時間がかかりました。まだまだ車いすに乗って動けるのには時間がかかりそうですが、気長に、散歩ができるようになろうねを合言葉にして、取り組んでいきます。

8

久しぶりの庭に出て、緑の中でにっこり、いい笑顔です。元気に夏を乗り切らねば。皆さんの一緒ですが。いろんなところで豪雨など災害が起きている地域の皆さんに、心からお見舞い申し上げます。


| | コメント (0)

«二ヶ月のブランク